年金2,000万円問題を考える

年金で足りないと言われている2,000万円分をどのように貯めるべきかを考えるサイトです。

宝くじで2,000万円を作る

2,000万円以上が当たる宝くじは意外と限られている

みなさん一度は当選を夢見る宝くじ。当たればジャンボ宝くじの1等当選確率は0.00001%とも言われ、世の中の様々な事象に遭遇するよりも低い確率です。

宝くじは種類も様々ありますが、2,000万円以上を当てる、という視点だと意外と選択肢は限られてきます。大きく以下の3種類に分けられます。

ジャンボ宝くじ

宝くじと言えばジャンボ宝くじと言われるくらい知名度が高く、他の宝くじは買わなくても毎年これだけは買っている人もいるかもしれません。年末の西銀座チャンスセンターの行列はもはや風物詩です。

ジャンボ宝くじは以下のようなスケジュールで年5回発売されています。
2月頃:バレンタインジャンボ
4月頃:ドリームジャンボ
7月頃:サマージャンボ
10月頃:ハロウィンジャンボ
11月頃:年末ジャンボ

価格は1枚300円で、最高賞金は回によっても異なりますが、1等前後賞を合わせて5億〜10億円です。サマージャンボと年末ジャンボが高めになる傾向があります。2等は1,000万円程度となりますので、1等か2等を夢見てチャレンジしたいところです。

▼LOTO6 / LOTO7

ロトは自分で数字を選び、抽選を行う宝くじです。ジャンボ宝くじとは違い、毎週抽選があります。毎週あるからと言って侮るなかれ、一等はロト6で2億円、ロト7では6億円にもなります。
ロト6 毎週月木抽選
・ロト7 毎週金曜抽選

toto / toto BIG

主に国内サッカーリーグの勝敗を予想するくじです。通常のtotoとBIGと分かれていますが、totoは自分で予想を決められて最大5億円、BIGはコンピューターが自動で予想を決定し最大6億円のチャンスがあります。

どこでどう買うのか良いのか

実際のところ、どこでどう買っても確率的には違いはありません。しかし、当たっている売り場があればそこで買いたくなるのが人情というものです。

そこで高額当選で有名な売り場を調べてみました。

各地に有名な売り場は多数ありますが、以下の3売り場が3強と言えそうです。

・西銀座チャンスセンター

大阪駅前第4ビル特設売場

名駅前宝くじチャンスセンター

 

コツコツ資産運用を行うことが回り回って、2,000万を貯める近道だとは思います。

しかし、やはり夢がある宝くじ、買いたくなってしまいます。

 

以上、宝くじで2,000万円を作る、を考えてみました。

本サイトについて | プライバシーポリシー | お問い合わせ

©️Copyrights 2019 年金2,000万円問題を考える All Rights Reserved.