年金2,000万円問題を考える

年金で足りないと言われている2,000万円分をどのように貯めるべきかを考えるサイトです。

つみたてNISAで2,000万円をつくる

定年までに2,000万円貯めろと言われても、どうすればいいか分からない 

2019年の6月に金融庁が発表した、「老後資金として、年金とは別に夫婦で2,000万円が必要」という報告書が世間を騒がせています。この報告書には、

  • 年金だけでは老後の資金をまかなうことができない

  • 夫婦が30年間安心して暮らすと想定すると、約2,000万円の金融資産が必要

といった内容が書かれています。

※原文である金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書、「高齢社会における資産形成・管理」はこちらで読むことができます。

さて、2,000万円は大金です。みなさんは、コツコツ貯金できていますか?
具体的にどのように準備すればいいか
イメージできない方も大勢いるのではないでしょうか。

このシリーズでは、老後までに2,000万円の資産をつくる方法について解説します。

今回は「つみたてNISA」という制度に焦点を当てて、具体的に何をすれば良いかを紹介しましょう。

つみたてNISAとは

そもそもNISA(ニーサ)というのは、「少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど)」と呼ばれる仕組みで、その名の通り「税制上の優遇措置を受けられる」制度のことを指します。

通常、株式や投資信託の投資で利益を得ると、税制上約20%の税金がかかります。これを非課税(≠ゼロ%)に優遇する、という制度です。

例えば、株式投資で10万円の利益が出た場合を考えます。
この時、通常であれば20%(およそ2万円)の税金を支払う必要があり、実際手元に残るのは8万円程度です。NISAを活用すれば、この税金をゼロにすることができます

一方、「少額」という名の通り、優遇される投資金額には上限が定められています。
今回紹介する「つみたてNISA」の場合、投資金額の上限は「年間40万円」まで、「非課税期間は20年間」と定められています。

「年間40万円以下の投資を、最大20年間」というのが、投資総額の上限です。

制限があるとはいえ、この「税金ゼロ」という優遇措置はとても大きいものです。
初めて投資を行う人には、まずNISAの口座を開くことをお勧めします。

いくら積み立てるか

それでは、具体的な試算をしてみましょう。まずは「毎月の投資額」からです。

日本人の平均年収は約420万円と言われています。
1年の手取りは独身の方の場合で約335万円。月収で約27.9万円です。ここでは収入の10%を毎月積み立て、毎月2.79万円を投資に回すことにします。

どのくらいの期間積み立てるか

「つみたてNISA」の税制優遇を受けられるのは、最大20年間です。
投資は積み立て期間が長いほどリターンも期待できるため、
制度の上限ギリギリまで20年間、積み立て投資をすることにします。

目標金額(2,000万円)を作るために必要な利回り 

「毎月2,79万円」を「20年間」積み立てた場合、
2,000万円をつくるためには「9.56%」の利回りで運用する必要があります。

 

f:id:Bururin:20190628204455p:plain

金融庁提供:資産運用シミュレーション

金融庁が提供している「資産運用シミュレーション」を使うと、簡単に計算することができます。
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

目標金額(2,000万円)を達成するための金融商品 

「毎月2,79万円」を「20年間」積み立てた場合、
2,000万円をつくるためには「9.56%」の利回りで運用する必要があります。

さて、この利回りは現実的なのでしょうか?

 

というところで、つみたてNISAで2,000万円をつくる、第一回目でした。次回は具体的な商品についても考えていきます。

本サイトについて | プライバシーポリシー | お問い合わせ

©️Copyrights 2019 年金2,000万円問題を考える All Rights Reserved.