年金2,000万円問題を考える

年金で足りないと言われている2,000万円分をどのように貯めるべきかを考えるサイトです。

iDeCoで2,000万円をつくる

そもそもiDeCoって?

個人型確定拠出年金iDeCo)は、任意で加入し、自分で運用方法が選べる私的年金の制度です。(対する公的年金国民年金・厚生年金・共済年金などです)

掛け金も自分で設定し運用を行いますが、その掛け金と運用益に税制上の優遇があります。(そして定年後の給付も税制優遇あり)

国民年金、厚生年金にプラスして、老後資金を積み立てる有力な手段の一つです。

※後述しますが、申し込み種別、掛け金の条件などは就労状況によって条件が異なります。

誰が対象なの?

基本的に20歳以上60歳未満の全ての方が加入できます。就労している方だけではなく、学生や主婦の方も加入が可能です。

※すでに企業型確定拠出年金に加入している方は、企業型年金規約で同時加入OKの場合のみ、iDeCoに加入できます。

つみたてNISAとの違いは?

よく比較される資産運用方法として、つみたてNISAがあります。

どちらも自分で投資する商品を決めて、月々一定の金額を積み立て、何らかの税制優遇があるという点では共通しています。

しかし大きな違いとしては何と言っても60歳まで受け取れるか、受け取れないかということになります。

つみたてNISAは純粋な投資なので任意のタイミングで商品を売却、資金の引き出しができますが、iDeCoはあくまで年金の一つとなるため、老後に使う資金を貯めるための設計となっており、原則60歳になるまでは資金の引き出しはできません。(投資する商品内容の変更は可能です)

実際どれくらい貯められるのか?

では、大卒で就職後にiDeCoを始めた場合いくら貯められるのでしょうか。

iDeCoは月々5,000円から1,000円単位で積み立て金額の設定が可能です。

上限はそれぞれ以下の通りです。

・自営業者/学生等:月額6.8万円(年額81.6万円)

・専業主婦等:月額2.3万円(年額27.6万円)

・サラリーマン等:月額1.2万円〜2.3万円(年額14.4万円〜27.6万円)

※勤務先で確定給付年金など別制度に加入している場合上限が低くなります

・公務員等共済加入者:月額1.2万円(年額14.4万円)

仮に月額1.2万円を拠出し続けた場合を考えてみましょう。

年額14.4万*38年=547.2万円

となりました。実際にはここに運用益と税金控除分の実質得分を勘案することになります。

例えば税金控除は年収400万円の場合ざっくり年間2万円程度になると言われています。

年間2万円*38年=76万円となりますから、先ほどの金額と足すと623.2万円になります。

運用益分は増減がありますから一概には言えませんが、ざっくり全体を合計して600万〜700万円くらいの期待値にはなりそうです。

このように、サラリーマンの場合は、iDeCo単体で老後資金2,000万円を貯めることは難しいですが、手堅い資産運用方法の一つであるとは言えそうです。

主な運用会社

主に大手証券会社が運用を行っています。

野村證券

大和証券

SBI証券

など。

通常の証券口座とは異なり、iDeCo用の口座解説を別途申し込む必要があります。

また、つみたてNISAとの併用も可能ですし、別々の証券会社での申し込みも可能です。(それぞれ1口座ずつのみ保有可能です)

注意点

繰り返しとなりますが、60歳になるまで含み益も掛け金分も一切受け取ることができません。(一部条件を除く)

途中で引き出すことができないため、税制優遇はありますが、そのために今の生活を切り崩す、ということになるのは本末転倒です。日々のキャッシュフローがまわっている場合には、少なくとも掛け金分は税金控除という確実なプラス効果があるため、非常にオススメの制度です。

また、他の資産運用方法にも言えることですが、投資になるため、掛け金を割り込む可能性はゼロではないことにもご注意ください。

 

以上、iDeCoで2,000万円を作る、について考えてみました。

 

 

本サイトについて | プライバシーポリシー | お問い合わせ

©️Copyrights 2019 年金2,000万円問題を考える All Rights Reserved.